原論(原作・橘川幸夫、漫画・ビュー)

原論(原作・橘川幸夫、漫画・ビュー)

  • Digital
    1,000 JPY

●橘川幸夫(原作) この まんがは、 2015年頃に、橘川がネット上でビュー君の絵を見つけて、一緒に何かやらないか、と 声かけてスタートしました 。思いついたプロットとテキストをビュー君に送リ、 彼が作品にまとめてくれるのを楽しみに待っていました。なかなか楽しいやりとりの時間でした 。 久しぶりに思い出して、 今回、まとめてみました。不思議な作品集になっていると思います。 A lの世界は、人間の表現の可能性が拡大していく時代だと思います。それぞれがそれぞれの手法を開発して試してみることが、まず大切だと思います。 ビュー君も、さまざまな模索を続けています 。我、 模索する故に、我ありということで。 ●ビュー( 漫画) 2019年現在。橘川さんから久しぶりの連絡。原論を本にしたいという。ほとんど使っていない PC の奥からデータを引っ張り出して久しぶりに 読み返した 。この素晴らしい原作を、よくこんなに自信満々で描いたもんだと思った。それなり によく描けてるとは思うが少し気恥ずかしい 。 これを描いた当時はまだ20代だったが9月の誕生日には33歳になる。 2015年当時、僕は今よりも色々なことをわかっていると思っていた気がする。 30代になってから 僕は自分が思っていたよりもずっと何もわかっていなかったのだ、ということがわかってきた。それがいいことなのかどうか僕にはわからない。そういうものなのかもしれないし、そうではないのかもしれない。 でも、いつか また原論を読み返 して恥ずかしくなる時がくるような気は している 。 橘川幸夫 一般社団 法人未来フェス代表理事。多摩大学経営情報学部客員教授。デジタルメ ディア研究所所長。 参加型メ ディアー筋。時代の模索を 続け ています。 著作・「企画書」(宝島社)「メディ アが何をしたか?」(ロッキング・オン社)「暇つぶしの時代」(平凡社)「森を 見る力」(晶文社)その他。 ビュー 漫画家。 ネットや同人誌、雑誌、フリーペーパー、社内報、広告などメディアに縛られず執筆。 2018年末より L I N E 漫画にて「働きたくないから人間やめます」連載中。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

●橘川幸夫(原作) この まんがは、 2015年頃に、橘川がネット上でビュー君の絵を見つけて、一緒に何かやらないか、と 声かけてスタートしました 。思いついたプロットとテキストをビュー君に送リ、 彼が作品にまとめてくれるのを楽しみに待っていました。なかなか楽しいやりとりの時間でした 。 久しぶりに思い出して、 今回、まとめてみました。不思議な作品集になっていると思います。 A lの世界は、人間の表現の可能性が拡大していく時代だと思います。それぞれがそれぞれの手法を開発して試してみることが、まず大切だと思います。 ビュー君も、さまざまな模索を続けています 。我、 模索する故に、我ありということで。 ●ビュー( 漫画) 2019年現在。橘川さんから久しぶりの連絡。原論を本にしたいという。ほとんど使っていない PC の奥からデータを引っ張り出して久しぶりに 読み返した 。この素晴らしい原作を、よくこんなに自信満々で描いたもんだと思った。それなり によく描けてるとは思うが少し気恥ずかしい 。 これを描いた当時はまだ20代だったが9月の誕生日には33歳になる。 2015年当時、僕は今よりも色々なことをわかっていると思っていた気がする。 30代になってから 僕は自分が思っていたよりもずっと何もわかっていなかったのだ、ということがわかってきた。それがいいことなのかどうか僕にはわからない。そういうものなのかもしれないし、そうではないのかもしれない。 でも、いつか また原論を読み返 して恥ずかしくなる時がくるような気は している 。 橘川幸夫 一般社団 法人未来フェス代表理事。多摩大学経営情報学部客員教授。デジタルメ ディア研究所所長。 参加型メ ディアー筋。時代の模索を 続け ています。 著作・「企画書」(宝島社)「メディ アが何をしたか?」(ロッキング・オン社)「暇つぶしの時代」(平凡社)「森を 見る力」(晶文社)その他。 ビュー 漫画家。 ネットや同人誌、雑誌、フリーペーパー、社内報、広告などメディアに縛られず執筆。 2018年末より L I N E 漫画にて「働きたくないから人間やめます」連載中。